トップページ > 新着情報

新着情報

新着情報

未払い残業代請求増加の背景 (2013年1月27日)

近年、特に退職後において『未払残業代金』を訴え請求される事案が増加しております。従業員も昔とは違い、インターネット等の知識を駆使していわゆる理論武装を施し、満を持して会社様に請求するケースが増加しております。そこで今回はいわゆる残業代請求訴訟が増加していった背景と特徴について考えてみたいと思います。

●未払い残業代請求が増加した背景〜
未払い残業問題が表面化していった要因とも言い替えれるのではないかと思いますが、
企業が終身雇用や年功序列の下、右肩上がりで業績を上げていた時代は、労働時間が長くても給料は毎年確実に上がり、また勤続年数に比例する形でそれなりに昇進して行き、さらに退職した暁にはそれなりの功労金が用意されていたので、その保障された将来と引き換えに会社を訴えることも少なかったことと思います。しかし、少子高齢化や非正規社員の増加等に伴い働き方や労使の関係性が昔とは異なってしまった現代におきましては、概して従業員の会社に対する愛社精神や忠誠心は限りなく希薄になってきていますので、従業員の意識は「会社の為に働いている」から「会社に不当に働かされている」へと変化し、その不当に働かされた残業代は取り返して当然という意識の芽生えが残業代請求が増加している要因の一つではないかと思います。


●特徴〜
・裾野が広いこと
例えば、残業代は支払ってはいるものの、適正な計算に沿っていないことや、労働時間の解釈の誤解で残業時間に含ませていないこと、または年俸制やみなし労働時間制を採用すれば一律に残業代が不要であると考えていらっしゃること等の誤解からサービス残業の地雷が潜んでいる会社が現実に少なくありません。

・集団性がある
従業員が未払い残業代を請求するのは一般的に退職後のケースが多いのですが、その未払い残業代の獲得に成功した元従業員が元同僚や現役従業員達と連携した結果、連鎖的に発生することが考えられます。

よって会社様の損害は莫大なものになり、存続を脅かす致命傷にもなりかねません。

従業員数によりましては数百万〜数千万単位になる場合も結構ありますので、事前対策は極めて重要です。労務管理不足により会社倒産も十分考えられまので是非ご注意いただきたいものでございます。


人件費1年肩代わり (2013年1月21日)

厚生労働省は10日、地域に根差した設立から間もない地方の企業やNPOが失業者を雇用した場合、その分の人件費を最長1年間肩代わりする施策を実施する方針を固めました。失業率が高い地方都市での雇用促進が主な狙いで、2012年度補正予算案に事業費として1000億円を盛り込む予定です。3万〜4万人分の雇用増加を見込んでいます。今後の動向を見守っていきたいと思います


新年 (2013年1月7日)

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


退職無効判決 (2012年12月27日)

視覚障害が治らないことを理由に退職させられたとして、通信カラオケ大手「第一興商」(東京)の従業員だった男性(38)が雇用関係の確認などを求めた訴訟で、東京地裁(西村康一郎裁判官)は25日、退職を無効とする判決を言い渡しました。男性は2008年に発症し失明に近い状態になり、同社に申し出たところ、09年1月から休職に命じられました。1年間休職して治らなかったとして、就業規則により退職となりました。判決は休職中のリハビリにより、男性の視力は0.1%程度まで回復していたと指摘、「事務職の仕事は可能だった。多くの部門がある大企業であり、配置する職場はあったはずだ」と述べられました。


衆院選を終えて (2012年12月21日)

先日行われました衆議院議員総選挙の結果、自民党が大勝し政権を奪取しました。この三年三か月間の民主党政権の度重なる迷走ぶりに我々国民の嫌気が最高潮に達し自民党にこの低迷する景気を何とか打破してもらいたいと切に願わずにはいられません。自民党の安部総裁も異例のスピードで民主党政権時の物価目標を見直し、日銀に大胆な金融緩和を促しました。インフレターゲットには賛否両論もありますが、かならずやこの危機を乗り切り、来年以降景気が上昇し少しでも日本を支える中小企業の皆様の活力が取り戻されることを期待いたします。


 
前のニュース一覧へ | 次のニュース一覧へ
  • 事務所案内/理念
  • 業務内容
  • 料金体系
  • よくあるご質問
  • お問合せ/無料相談
  • 新着情報
  • 書式ダウンロード

ページのトップへ